Top > 奨学金と支給条件

奨学金と支給条件

奨学金の申込みは在学している学校を通じて行われますが、支給が可能かどうかの選考が行われ、採否が決定する仕組みになっています。
奨学金の支給条件は高校や短大、専修学校などによって多少の基準は変わってきますが、全てにおいて共通な事は学力、家庭の経済状態、人物が審査基準となっています。
大学進学の為に無利息の第一種奨学金制度へ申し込む場合、1年生から申込時の成績が平均値3.5以上、家計を支えている人の収入金額などが判断基準としてあげられます。
第二種奨学金制度の場合は、申込み前の学力が平均以上である人、特定の分野での能力が高いと認められた人、大学に入り勉学に打ち込み確実に修了できると判断された人になります。
この学力の条件と家計を支える人の収入金額によって、支給が可能かどうかの判断がされます。
収入に関する提出書類としては、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書などがありますが、学校が指定した書類を用意する必要があります。
奨学金の認定を受け学校に入った後も、1年に1回適格認定奨学金継続願を提出する必要があり、成績や生活態度によっては奨学金の認定を取り消される場合もあります。
申込む際には提出種類を漏れなく揃え、勉強を頑張りたいという強い意志を持ち、申請するようにしましょう。

 

 千年未来  梵珠百水  銀河水  コントレックス  海洋深層水
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
奨学金とは(2009年6月 5日)
奨学金と教育ローン(2009年6月 5日)
奨学金と支給条件(2009年6月 5日)
奨学金の種類(2009年6月 5日)
奨学金の返済(2009年6月 5日)