Top > 奨学金の返済

奨学金の返済

奨学金の貸与を受けた人は、卒業後の一定期間に返済する必要があり、そのお金でまた次の人が勉強出来る制度になっています。
貸与の際に連帯保証人を立てている場合、返済が遅れることで迷惑をかけることになりますので、決まった日に必ず返済を行うようにしましょう。
機関によって様々な方法があるため、大学や短大に入学する際に返済方法や返済期間などをきちんと把握し、確認した上で申込みを行う事が大切です。
奨学金の返済は殆どの場合が卒業後6ヶ月を過ぎてから始まり、年に2回か年払いの2種類の方法があります。
奨学金の返済は口座引き落としになりますので、口座が無い場合は開設し、卒業間近には奨学金借用書や返還契約書などを提出する必要があります。
返済する意志はあるがどうしても返済が困難になってしまった場合、届け出ることによって猶予期間を設けてくれる場合もあります。
正当な理由ということが条件ですが、手続きが面倒とか、理由が正当と認められるか分からないからと放っておくとブラックリストに載る可能性があるので、きちんと手続きを行いましょう。
奨学金によって勉強が出来たという事を忘れずに、次の後輩にも繋げるためにも返済は絶対にしなければいけません。

 

 旅行節約術  ケーキバイキング  デザートフォレスト  モダン焼き
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
奨学金とは(2009年6月 5日)
奨学金と教育ローン(2009年6月 5日)
奨学金と支給条件(2009年6月 5日)
奨学金の種類(2009年6月 5日)
奨学金の返済(2009年6月 5日)